キャベツは男ダイエット救世主?

男性の場合、ダイエットで苦労するのは空腹感との闘い。

 

女性よりも基礎代謝量が多く、
安静にしていても短時間でお腹が空いてしまいます。

 

そんなときに、心強いのが「キャベツ」です!

 

キャベツ1玉を6等分して、
それを5cm角にざく切りにしておきます。

 

生の状態のままです。

 

そして、食事の前に、10分以上の時間をかけて、
良く噛むようにしながら1/6玉を食べると良いそうです。

 

 

サラダ感覚だと思って、
お塩やノンオイルドレッシング、ソース、レモン汁などをかけて食べてもよし。

 

しかし油もののマヨネーズはNGです。

 

キャベツには、食物繊維とビタミンCが豊富に含まれています。

 

日本人に多い便秘の解消や皮膚のたるみやシワなどの改善効果が期待できます。

 

さらに、キャベツは生であれば歯ごたえもあり、
良く噛みながら食べることで10分以上時間が掛かります。

 

10分以上の時間を良く噛んで食べることで、
噛んだ刺激が脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して、
脳が満腹感を得るのです。

 

この脳で感じた満腹感は、
1時間継続されるそうなので、

 

そのまま夕食を食べれば、
大食いを防げるということになります。

 

キャベツは、大量に食べてもカロリーが少ないので、
お腹が空いたらおやつ代わりにキャベツを食べると、
さらに痩せる効果絶大です。

 

単品ダイエットでリバウンドするより、
キャベツを加えたプラスダイエットでよく食べた方が痩せるということ。

 

ちなみに、食事の時間で理想的なのは、
昼食が正午〜1時の間、夕食は午後6時か7時に食べるのが理想です。